• ホーム
  • 顔の毛穴の汚れを落とすならトレチノインとハイドロキノン

顔の毛穴の汚れを落とすならトレチノインとハイドロキノン

活発な皮脂線によって常に顔はオイリー肌。そのせいか、どれほど丁寧にケアしても、いわゆるいちご鼻と言われる鼻の頭の黒ずんだ毛穴が目立ったり、しつこいニキビやニキビ跡に悩まされている人は少なくありません。
そんなお悩み肌の方が、近年特に注目しているのが「トレチノイン」と「ハイドロキノン」という成分です。

トレチノインとハイドロキノンは、皮膚科でも治療薬として処方されるほど、確かな効果を持つ成分で、重度のニキビやしつこいシミも改善に導く働きを持つと言われています。
トレチノインが持つピーリングや肌再生効果と、ハイドロキノンの強力な美白効果を併用することで、肌を再生させていく毛穴治療が行われ、良い結果を出しています。

トレチノイン
ビタミンA誘導体のひとつであるトレチノインは、市販の化粧品に含まれているレチノールというビタミンAの約100倍もの効果を持つと言われ、肌のターンオーバーを早め、繊維芽細胞という真皮に点在している細胞を刺激してコラーゲンなどの生成を促します。
さらに、表皮の角化細胞を増殖させて、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を生成し、適度な厚みのある肌に導きます。
ハイドロキノン
アメリカで最もポピュラーな美白成分と言われ、強いメラニン還元作用を持つことから、皮膚科でシミやニキビ跡の治療に使われています。
ニキビ跡の色素沈着やシミである黒色メラニンの元になるメラノサイト生成を、ハイドロキノンは抑制します。メラニンが作られる根本原因に働きかけ、ニキビ跡が出来ないようにする働きをします。

ハイドロキノンには黒色メラニンを白色に還元する作用があるとも言われていますので、既に出来てしまったニキビ跡を薄くする働きも期待できます。
トレチノインの作用で肌のターンオーバーを促し、ハイドロキノンによって黒色メラニンを抑え白くする働きかけもすることから、トレチノインとハイドロキノンは併用したほうが良いと言われています。
皮膚科においても、この2つが同時に処方されるようになっています。

毛穴の汚れを取る方法

顔のニキビ跡やいちご鼻の黒ずんだ毛穴をケアするためには、毛穴の汚れを効果的に取ることが第一義となります。
丁寧に洗顔し、オイリー肌ならではの皮脂線の油分をケアすることはもちろん、洗顔で落ちてしまった水分などを補うため適度な保湿を心掛けてから、毛穴の汚れを丁寧に取るために、トレチノインとハイドロキノンを使って、効果的にマッサージをして行きます。
トレチノインとハイドロキノンを使った皮脂線活発なオイリー肌のいちご鼻やニキビ跡のケアでは、古い角質を取り去るためのマッサージを行っていきます。
単なるピーリングと違っているのは、ビタミンA誘導体であるトレチノインが肌細胞に直接働きかけて、コラーゲンの生成能力を回復して皮膚そのものを健全にする効果があることです。

トレチノインを使うにあたっては、角質層がはがれることから水分保持力が低下しますので、洗顔後は、皮脂線が活発なオイリー肌の人と言えど、保湿効果の高い化粧水を選ぶことが大事です。
その上でトレチノインをいちご鼻などの毛穴が気になる部分に、薄く塗り、丁寧にマッサージして行きます。
目の周りや口の周りなど、他の部分に付着しないよう気を付けてマッサージし、トレチノインが浸透してから、ハイドロキノンを塗ります。

ハイドロキノンが肌に浸透したら、ワセリンなどを薄く塗り、保湿に気を配りつつマッサージを続けます。
紫外線の影響を受けやすくなることから、日中は日焼け止めを忘れずに塗ることも大切です。
皮脂腺が活発なオイリー肌の人は保湿を忘れがちになりますが、日焼け止めの前の保湿も忘れないことが肝心です。
トレチノインとハイドロキノンのケアでは使い始めて3週間ほどで、皮脂線も落ち着き、いちご鼻が改善すると言われます。

関連記事