• ホーム
  • 肌年齢を若くするにはそれなりに努力は必要

肌年齢を若くするにはそれなりに努力は必要

鏡を見て、肌に悩む女性

加齢とともに肌年齢も上がることが普通ですが、人によってはいつまでも若々しい肌の人もいます。
実は、加齢とともに腸内環境が悪くなっていることを知っていますか。
赤ちゃんが一番良い状態で、年々、腸内環境が悪化していきます。
だから、加齢によって便秘になりやすくなるわけです。
腸内環境は肌年齢にも影響しています。腸内環境が悪いと体内に老廃物が溜まっているので、それが血液を通って肌にも到達します。
すると、肌の調子も悪くなるので、乳酸菌を意識して摂取するなどの工夫をしないと肌が老化してしまいます。

また、加齢とともに女性ホルモンが減少するため、大豆製品などでイソフラボンを摂取してください。
イソフラボンは女性ホルモンと形が似ており、同じような働きをしてくれます。
だから、イソフラボンのサプリを摂取することも効果的です。
大豆でもイソフラボンサプリであってもどちらでも同じような効果が得られるので、摂取しやすい方法で構いません。

日本人は睡眠時間が短いと言われていますが、これは肌年齢にも影響されます。
睡眠時間が短いと成長ホルモンがあまり分泌されなくなってしまうからです。
成長ホルモンは新陳代謝を促してくれますから、肌の酸化対策にも有効です。
新陳代謝が衰えてしまうと肌にシミができたり、たるむなど年齢肌を感じるようになるので、睡眠時間を確保してください。7時間くらいの睡眠時間が必要です。
睡眠時間を確保するためにも、睡眠リズムを作ると良いでしょう。
朝日を浴びて夜にぐっすりと眠れるようにすれば、新陳代謝が衰えなくて済みます。

肌年齢を下げないためにも腸内環境を整えて、イソフラボンを摂取しましょう。
また、新陳代謝を促すためにもしっかりと寝ることです。酸化対策もしておかないと、肌年齢が上がりますから気を付けましょう。
いろいろなことをやらないといけません。日ごろのスキンケアも見直しが必要でしょう。
若いころと同じスキンケアでは肌年齢が上がってしまいます。

女性にとってUVケアは非常に大切

UVケアをしていますか。日焼け止めや日傘などは必須です。紫外線から肌を守ることは、酸化対策になるので必ずUVケアを行ってください。
紫外線を完全にシャットアウトできないので、紫外線の影響を減らすためにも美容パックをしましょう。
毎日行ってみてください。
美容パックをして肌を潤わせることで、紫外線の影響を感じなくて済むでしょう。
肌の新陳代謝も良くなります。美容パックの最後にハンドプレスをして、しっかりと肌になじませましょう。

パッティングよりもハンドプレスが良いです。ハンドプレスは掌を使って垂直方向に押してください。
そうすると、摩擦が起こらず美容成分を浸透させられます。
ハンドプレスは力を入れすぎる必要はありません。
優しい力でも効果的なので、ハンドプレスは化粧水や乳液などを使った時にも行いましょう。
美容パックは自分で作っても良いですし、大容量の美容パックなどを使っても構いません。
毎日行えば、UVケアだけでは難しい紫外線の影響を緩和できるので、できるだけ毎日行ってください。

UVケアをしたかしないかで、肌はガラッと変わります。
紫外線は肌へのダメージがとても大きいからです。
肌を酸化させてしまうので、酸化対策としてUVケアを行わないとしわやたるみ、シミなど様々な肌トラブルを抱えてしまう恐れがあります。
UVケアで酸化対策をしている人は、いつまでも若々しい肌をしています。
紫外線の影響で見た目年齢が大きく変わるのならば、日ごろからしっかりとUVケアをしたほうが良いと思いませんか。
外出する時は、夏だけではなく、冬もUVケアをしてください。
一年中、紫外線を浴びているので、一年中対策しておかないと肌年齢が上がるので気を付けましょう。

関連記事